ビオトープ作りでやってはいけない三原則

せっかくビオトープを作ったのに半年後にはドブのように無残な姿になってしまった、という話を良く聞きます。インターネット上にはビオトープの作り方に関する様々な情報があふれていますが、その中には誤った情報や迷信が多くあり、これらを鵜呑みにして手探りで作ってしまったのが原因というケースがほとんどです。ビオトープは一度作って水を溜めてしまうと後で改修するのは困難です。せっかくお金をかけて作ったのに結局取り壊しすることになってしまった、というような悲しい思いをしないために、ビオトープ作り専門のアクアフォレストがこれまでの経験から培ったビオトープ作りでやってはいけない三原則をご紹介します。

 

<目次> 

土を入れる

溜池状態にする

メンテナンスをしない